銀杏山神社の大銀杏

更新日:2015年04月02日

銀杏山神社境内の左奥にある大銀杏、手前に1本の大銀杏とその奥に2本の銀杏が手を繋いだように生えており、2本の銀杏は連理の銀杏と呼ばれている。3本の銀杏の樹はいずれも樹高25m、根回り9mあまりの巨木で秋田県の天然記念物に指定されている。

Copyright © 能代山本地区観光連盟ー能代山本観光ナビ All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている一部の写真は現在の実物とは異なる場合やイメージ画像もございます。ご了承くださいませ。